連合会の事業について

Ⅰ 主な事業
1.地域貢献に関する事業
(1)災害時における被災地への応急復旧工事等の協力・支援
(2)地球温暖化対策に考慮した環境保全型事業情報の収集と推進
2.技能・技術の向上に関する事業
(1)給水装置工事主任技術者受験準備講習会
(2)給水装置工事配管技能検定会
(3)技能検定(建築配管)受検準備講習会
(4)技能検定(建築配管)試験に係る協力
(5) 技能五輪全国大会選手育成支援事業の取り組み
(6)関連資格取得に関する講習会、研修会、検定試験の周知と協力
3.教育・情報の提供
(1)やまがた県管連ニュースの発行及び全管連ニュースの提供
(2)公共工事設計労務単価の適正指導と公共事業労務費調査に対する適正対応の指導
(3) 労働衛生安全管理活動の強化と推進
(4)全管連ジャーナル、関連図書等の斡旋
(5)関係法規等の改正に関する周知指導
4.組織の充実・強化に関する事業
(1)未加入組合員の加入促進
(2)賛助会員の増強活動
(3)傘下組合間の情報交流
(4)組合事務局会議の充実
5.福利厚生事業
(1)功労者、優秀技能者の表彰及び顕彰
(2)全管連表彰規定による功労者の推薦
(3)国・山形県及び関係機関に対する表彰候補者の推薦
(4)各種団体扱い保険等業務
(5)組合員に対する慶弔・見舞
6.関係官公庁との連携及び陳情活動
7.その他本会にとって有効且つ必要と考えられる事業、活動

1 給水装置工事主任技術者講習会
水道事業者として必要な資格者であり国家資格となることから、全管連より講師を迎え合格に向けた講習会を開催している。
2 技能検定(建築配管)受験準備講習会
職業能力開発促進法に基づく国家検定であり、合格すれば技能士の資格を得る。その試験準備講習会として、実技を中心とした開催を行っている。
3 給水装置工事配管技能検定会
(公)給水工事技術振興財団の主催する給水装置工事配管技能検定会山形開催に併せ、給水装置工事を適切に行う技能者を育成するため、日水協山形県支部と協力し検定会を共催している。
4 技能五輪技能強化推進事業
技能五輪は、23歳までの若手職人の技術向上を目指した全国大会である。県管連を中心に関係者と強化育成チームを結成し、入賞に向けて合同訓練を開催している。
PAGE TOP